JTBハワイのお得で安心なオプショナルツアー&レストラン
mybus

ハレアカラ国立公園

標高3,055メートルの休火山で、世界最大の火口丘を持つマウイ島最大級の山。最後に噴火したのは1790年。ハレアカラとはハワイ語で「太陽の家」という意味で、マウイの名前の由来ともなった半神半人のマウイが昼間を長くするために太陽をここに閉じ込めたという伝説がある。また、ハレアカラ国立公園の目玉は、何と言っても巨大なクレーターがあることで、一番大きなもので、直径11.25 km、幅3.2 km、深さは約800mあり、映画「2001年宇宙の旅」の撮影地としても有名である。
ハレアカラ山頂にはアメリカ軍とハワイ大学が所有している天文台もあり、世界有数の観測スポットとしても知られている。

ハレアカラのブログ記事はこちら>>

ハレアカラ火山に行くなら是非とも見たいサンライズまたはサンセット。サンライズ鑑賞では神々しい日の出を拝むことができる。サンセット鑑賞では、一面に広がる赤色やオレンジ色に染まった雲間を見ることができ、その美しさはまさに絶景。また、2017年2月1日からは、サンライズ鑑賞(午前3時~7時)には予約が必要。

<サンライズ予約について>

  • 予約金:車一台につき$1.00(※2019年4月現在)
  • 入園予定60日前から予約可能
  • 入園の際には予約券の領収書、パスポートの提示要
  • 入場料は別途要(詳細はこちら→
  • 予約はこちらのサイトから(英語のみ)→

<公園内の主なみどころ>

  1. パーク・ヘッドクオーター・ビジターセンター
  2. ハレアカラ・ビジターセンター
  3. スライディング・サンズ・トレイル
  4. ハレアカラ山頂
  5. カラハク展望台

①パーク・ヘッドクオーター・ビジターセンター

標高2,134メートル地点にあるパーク入り口に入ってすぐのビジターセンター。お土産店やパークの歴史についてのコーナーなどがあり、パークを訪れた無料の記念証明書もゲットできる。

営業時間:年中無休 8:00~16:00

②ハレアカラ・ビジターセンター

標高約3,000メートル位置し、映画「2001年宇宙の旅」の撮影場所である、ハレアカラの火口が一望できる。山頂までの最後のトイレスポットなので、こちらでトイレを済ませておこう。

③スライディング・サンズ・トレイル

長い歳月を経て侵食を繰り返し、生まれた地形からこの名前がつけられた。全長約18キロの上級者向けトレッキングコースため、お子様や初心者にはおすすめできない。また、高低差のあるトレッキングコースのため、気候や温度の変化に合わせ、調節が利く服装で参加するのがおすすめ。

④ハレアカラ山頂

標高約3,055メートル。晴れていればお隣のハワイ島にあるマウナケア山を望むことができ、早朝と夕方はサンライズとサンセットを鑑賞するベストスポットとしても知られている。標高が高いため、気温が零下になることもあるが、山頂には小屋があるので、寒さをしのぐことができる。2017年2月1日からは、サンライズ鑑賞(午前3時~7時)には予約が必要。
また、山頂付近はクリアーで乾燥しており、天体観測所としてベストなコンディションのため、アメリカ軍とハワイ大学が所有する天文台があり、世界有数の天体観測スポットとしても知られている。

⑤カラハク展望台

標高約2,842メートルに位置し、ハレアカラの火口が間近で360度一望できる。また、ハレアカラでは、シルバーソード(銀剣草)が最も多く生息する場所としても知られている。

  • カフルイ空港からは車で36号線、37号線、377号線、378号線経由でハレアカラ入り口まで約1時間
  • カアナパリからは車で30号線、32号線でカフルイを通りすぎ、36号線、37号線、377号線、378号線経由でハレアカラ入り口まで約1時間30分
  • ワイレアからは車で31号線、311号線を通り37号線、377号線、378号線経由でハレアカラ入り口まで約1時間10分

ハワイ火山国立公園

開園時間:
24時間営業 公休日も含み年中無休
※天候により閉鎖される場合あり

住所:
Makawao, HI 96768

電話:
(808) 572-4400

ウェブサイト:
https://www.nps.gov/havo/planyourvisit/kvc.htm

入場料 ※2019年4月現在の料金です

  • 一般車両(14人乗り以下)3日間有効 $25.00
  • バイク 3日間有効 $20.00
  • 自転車と徒歩での入場(1人当たり)3日間有効 $12.00
  • 3公園共通年間パス $50.00

トイレ情報

パーク・ヘッドクオーター・ビジターセンター、ハレアカラ・ビジターセンター、カラハク展望台に設置

気温

最高気温が27度、山頂エリアは-1度まで下がることがあり、気温差が激しい

服装

山頂付近は真夏でも冷え込むため、ジャンバーやコートが必要

おすすめの携行品

水分補給のための水、双眼鏡、帽子、サングラス、手袋&マフラーなどの防寒具

ハレアカラ・サンライズ・ツアー<英語ツアー>

渓谷の島、マウイ島ハレアカラ山から昇る澄み切った空気とサンライズを満喫できる人気ツアー
$176~

ハレアカラ・サンセット&スター・ゲイジング・ツアー

山頂から壮大なサンセットを眺める、小さなお子様からお年寄りまで楽しめる星空ツアー
$198~

その他の特集をみる